7月1日より日本国内の価格を改定させていただきます

Heading

Lo-fi グルーヴボックス・サンプラー  - アドバンス・モデル -

Lofi-12 XT

Heading

残り  20  台

Heading

 

Turns everything into Lo-fi!

Lofi-12XTのサンプリング・サウンドをチェック!

簡単サンプリング、思い通りにエディット

サンプルは、ウェーブフォーム, フィルター, モジュレーション, アンプEG, エフェクト, リバーブ/ディレイの分かりやすい画面表示で簡単かつ楽しく音作り

 

 

 

 

皆さん、こんにちは!

私たちSONICWAREは、2020年にLIVEN 8bit warps、2022年にSmplTrekKickstarterでローンチし、製品誕生までに起こる全てのプロセスを支援者の皆さんと共有することができました。

それはとてもエキサイティングな体験であり、皆さんとのコミュニケーションで素晴らしい製品が完成することをよく知っています。おかげさまで、両製品は現在バージョン3.0となり、多くのユーザーさんにご愛用いただいています。


3製品目となる今回は、そのLIVENシリーズの1機種であるLofi-12とSmplTrekを融合させた、次の次元の新しい音楽制作/演奏ツール『Lofi-12 XT』を支援者の皆さんとともに作り上げてゆきたいと考えています。



私たちは、製品開発の全てのプロセスは「正しいし、美しい」という信念のもと、高品質な製品をリーズナブルな価格で提供することを目指しています

今回も皆さんとともにユニークな新しい楽器を創造できることを楽しみにしています。

 

Lofi-12 XTとは?

私たちは1年前にLIVENシリーズで初のサンプラーLofi-12をリリースしました。

このサンプラーはちょっと変わっていて、12kHzまたは24kHzという低いサンプリング周波数でしか録音できません。そして、’80年代後半に登場した数々の伝説のサンプラーと同じような12bitサウンドを再生するための特別なモードを搭載しています。Lofi-12は、4秒のサンプリング時間、4トラックという制限のある本体のみで楽曲を作り上げてゆく箱庭的な楽しみを提供しました。

このサウンドとコンセプトは大変多くの方に支持いただきました。一方、多くの方から「サンプリング時間をもっと長くしてほしい」「トラック数を増やしてほしい」「PC間のファイル転送に対応してほしい」「とにかく黒いボディにしてくれ!」のご要望もいただいています。

LIVENのDSPリソースとハードウェアでは、それを実現することは不可能です。全く新しいハードウェアを開発するのは、私たちのような小さな会社にとっては莫大な時間と費用がかかり、すぐに実現することができません。

そこで、私たちは、十分なケイパビリティを持つSmplTrekのハードウェアをベースに、この要望に応えるLofi-12のアドバンス・モデルを新たに開発することにしました。それが、今回ご支援いただきたい『Lofi-12 XT』です。


Lofi-12 XT
は、Lofi-12のサウンド・エンジンをそのまま移植し、使いやすく更に楽しいツールとして新たに設計/開発しているLo-fiグルーヴボックス・サンプラーです。

サンプラーや電子楽器が初めての方から、長年に渡って音楽制作や演奏を生業にされている方まで、きっとこの楽器を気に入ってくれるはずです。

 

 

主要機能

1)心地よい本物のレトロ・サンプリング音源

シミュレートではない本物の12kHz/24kHzサンプリング+12bitサンプラー・モードで、伝説の12bitサンプラーと同様に、どんな音でも気持ちの良いローファイ・サウンドに変えます。


1サンプリングは最大300秒
まで録音でき、SDカードの容量が許す限り何個でも保存しておくことができます。その中から256サンプル(64MB)を1つのプロジェクトにロードでき、再生しながら次々にサンプルを切り替えられます。


サンプルは、PADモードで全15パッドを使ったクロマチック/スケール演奏や、チョッピングしてスライスを演奏することができます。

 

2)直感的なビートメイク&パフォーマンス機能

強力な8トラックのシーケンサーを装備していて、トラック・パッドを叩いたままに記録できるノンクオンタイズ・レコーディングステップ・レコーディングの両方に対応しています。



各パラメーターを動的に記録できるパラメーター・ロックは、RECボタンを押してノブを操作するだけ
です。ステップ・キーに値をダイレクト入力することもできます。


十字キーで8分音符〜64分音符まで7段階の連打入力ができ、パッドの押し込みで強弱もつけられます。



1プロジェクトは、128パターン - 16ソングで構成され、楽曲制作はもちろん、ノンストップ・エディットと多様なMUTEモードにより、ソングをつないで長尺のライブ・パフォーマンスまでこなします。

 

3)強力なシグナル・プロセッシングと膨大なサンプル・ライブラリー

トラック・エフェクトx 8、ディレイ、リバーブ、マスターコンプを同時に使用し、多彩なサウンドを創り出すことができます。


トラック・エフェクトは、全20種類のエフェクトから選択でき、マスターコンプはサイドチェインにも対応しています。



TR-808/909, LM-1, linndrum, DMX, Drumulator, SP-12, Drumtraks and TOM
*などレジェンド・ドラムマシンのサンプルをはじめ、Lofi HipHopやLofi Houseの楽曲制作に即戦力となる1,000超のサンプル・ライブラリーを付属SDカードに収録しています。

*ビンテージ・ドラムマシンのサンプルはBULLYFINGERよりライセンスを受けています。

 

4)バックグラウンド・Mixテープ・レコーディング機能

全ての演奏を、本体の電源を切るまでバックグラウンドでキャプチャーしてくれる、Mix-Tapeレコーディング機能を搭載しています。

レコーディング品質は、マイクロカセットで録音したようなローファイ録音から、DATと同じ48kHz-16bitのハイクオリティ録音まで5段階が選択できます。

楽曲のミックスダウン、ライブ・パフォーマンスの完全収録、日々のジャムから良いフレーズやビートを抽出する等々、あなたから生み出される全てのサウンドを逃さずに活用できます。

 

5)他のデバイスとの多彩な接続性

USB接続やSDカード経由でオーディオファイルのインポート/エクスポートができます。サンプリング・ビット/レートが異なるオーディオファイルは、Lofi-12XT独自のファイル・コンバート機能で心地よい音へ変換します。
また、Liven Lofi-12のサンプルデータ(SysExファイル)もインポートすることが可能です。

 ダイナミックマイク、エレキギター/ベース、シンセサイザー、さらにはPC/MacやスマートフォンのUSBオーディオソースなど、多種多様なオーディオソースが接続できます。

TRSアナログ入出力、USB経由のデジタル出力、MIDIやオーディオシンクでのテンポ同期により、DAWをはじめ様々な機器と一緒に使うことができます

 

 

Liven Lofi-12/SmplTrekとの機能比較

 

 

 

リワード

1)Lofi-12 XT [Standard Black Color]

MSRP $499

内容:
- Lofi-12XT本体
- 32GB SDカード(1,000超のサンプル収録)
- 電源アダプター
- 保証書

 

また私たちは、一緒にLiven Lofi-12のカラーリングと同じRetro Color500台のみ作りたいと考えています。残念ながら、お見せできるプロトタイプは間に合いませんでしたが、以下のデザイン画を元にカラー調整を行なっています。

2) Lofi-12 XT [Limited Retro Color]

MSRP $559

内容:
- Lofi-12XT本体
- 32GB SDカード(1,000超のサンプル収録)
- 電源アダプター
- 保証書

 

皆様のサポートに感謝
全バッカー様に専用ケースをお付けします!


皆様の素晴らしいご支援をいただき、私たちはこのキャンペーンを特別なものにすることを決めました。
 
ストレッチゴールの達成に関わらず、全てのバッカー様へLofi-12 XTの専用ケース(弊社オンラインショップ予価:$79)をバンドルさせていただきます!
これは、このKickstarterプロジェクトをご支援いただける皆様への感謝の気持ちです。

サンプル品

サイズ

Kickstarterだけの限定オファーをお見逃しなく!

 

ハードウェア仕様

 

仕様は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。

 

Heading

Lo-fi グルーヴボックス・サンプラー - アドバンス・モデル -

Lofi-12 XT

Heading

残り  20  台

Heading

 

リスクと課題

私たちは、SmplTrek、LIVENシリーズ全6機種、そしてELZ_1の開発で培った技術力と生産体制で、Lofi-12 XTを開発・生産していきます。当社のハードウェア開発における成功の歴史が、開発および生産上の課題に対処するスキルを証明しています。

Lofi-12 XTのハードウェアは、SmplTrekをベースとしているため、FCC、CEなど必要な認証はすでに取得しています。現在、ハードウェアの最終調整を行なっています。

私たちは、パートナー工場と3年以上の関係を築いています。
初回生産に必要な主要部品の在庫は確保できており、部品調達に関する大きなリスクはないと考えています。

パンデミックや戦争など、世界的な外的要因によって開発が阻害される可能性はありますが、そのような課題を克服するために調整する準備はできています。
もし予期しない問題が発生した場合、私たちはすべての支援者に定期的なアップデートを提供しますので、ご安心ください。

Kickstarter上の説明責任について詳しく知る

環境への取り組み
私たちは、筐体や部品の共通化を図り、無駄な部品を作らない製品デザインを心がけています。
私たちの全ての製品は、100% RoHSに準拠し、鉛フリーおよび水銀フリーで製造されています。